生田緑地ばら苑(10月21日撮影)

今日も生田緑地ばら苑です。
今回の掲載は苑内のブルーを中心とした変わったバラを掲載してみます。





画像

黄色が鮮やかドイツ原産「ヘルムット・シュミット」と言う品種です。





画像

菊のような花はイギリス原産「シスターエリザベス」と言う品種です。





画像

チョコレート色のようなこのバラは日本で品種改良された「クロシンジュ」





画像

同じ「クロシンジュ」を縦位置で。





画像

良く知られているドイツ原産「ブルームーン」。





画像

ドイツ原産「オジリア」と言う品種でうすい黄色です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2009年10月22日 23:36
生田緑地のバラも、綺麗に咲いているようですね。
青いバラはかなりの苦労の産物のようですが、紫色に近いですね。
八重咲きのバラは、本当に菊のようです。
2009年10月24日 17:27
dekimaroさん
いつもありがとうございます。
生田緑地のばら苑も見頃はもう少し先ですが、古河庭園よりも花の数は多いようです。
青いバラは綺麗な青は出ないようです。菊のような花はこれがバラとは全く見えないですね。
J-ママ
2009年10月25日 09:55
黒真珠とブルーム-ンは有名な品種ですね。品格があり花の女王に相応しいです(^O^)
2009年10月26日 06:42
Jーママさん
いつもありがとうございます。
黒系統とか青系統というのは品種改良も難しいようですね、黒真珠やブルームーンは良く知られた品種で綺麗な花が見られました。