紅葉の大内宿と塔のへつり(11月06日撮影)

今日は最終の見学地塔のへつりです。
大川(阿賀川)が百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果出来上がった見事な渓谷です。行った時はここの紅葉もどちらかと言うと黄色が多かったようで対岸の阿弥陀堂へ渡る吊り橋は30人が限度とのこと渡る時はユラユラと揺れちょとしたスリルが味わえます。





画像

まずは縦位置で対岸の紅葉です。




画像

目を左に向けても同じような渓谷が続きます。




画像

下の方には吊り橋が見えます。




画像

下流を望むと渓谷を渡る赤い橋が見えます。




画像

対岸から吊橋を見上げると。


この記事へのコメント

dekimaro
2008年11月11日 23:19
撮影旅行、お疲れ様でした。
塔のへつりの紅葉のピークは、もう少し先なのでしょうか?
このところの寒さで、各地の紅葉も進んでいるでしょうね。
フクちゃん
2008年11月12日 16:46
dekimaroさん
いつもありがとうございます。
大内宿も、塔のへつりも紅葉は少し早かったようです。今回の旅行は天気も良く何処へ行っても紅葉見物の人出が多く大内宿のメインストリートは人、人、人でした。